ブログトップ

バロー文化ホール(多治見市文化会館)のおしごと

tajibun.exblog.jp

カテゴリ:スタッフ( 24 )

いちばん働く人

当館で一番働く人、誰だと思いますか?

それは、私!

…と言いたいところですが、
それはまったくの間違いです。
私は常に椅子に根っこを下ろして生きている
この職種にはありえない人種です^^;

当館で一番働く人は、この人↓
e0177626_21352343.jpg
先週末、養正公民館を会場にして
ちょっとした打ち合わせがあったのですが
気の利く彼は、早めに行って
その日公民館でおこなわれた
「養正公民館まつり」の撤収を手伝っていました。

今日は、セラビックパークMINOで
e0177626_21364812.jpg
多治見市美術展のお手伝い。
自ら率先して出品者リストのチェックをしています。

そう、一番働く人は当館の館長です!
本当に働くんですよ~
少しでも時間があれば、館内を見回り
不具合があればすぐに対応し
困ったことがあれば、即座に相手と掛け合う。

そんな彼の名前は
"じ余り"
です。
この意味、分かる人はぜひ手をあげてくださ~い。
ヒントは1月15日(日)
のコンサートですよ!

このコンサート、チケット好評発売中♪
1階席は残りわずかですので
ぜひぜひお早めにお買い求めください。


  私はセラパでも根っこを下ろしていました…
  椅子と友だち  いのち  でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2016-11-16 21:40 | スタッフ

にじみ出る人格

朝、出勤したら、事務所でこんなものを発見。
e0177626_12293834.jpg
まぁっ、かわいらしい花!
バロー文化ホールの事務所では
コンサートや発表会等で
「花が余ったので、よかったらもらってください」
ということが多々ありますが
どう見ても、この花はそうではない様子。

この花、スタッフが家から摘んで持参したそうです。

何と心の細やかな人なのでしょう♪
こんな心遣いができるのはこの人。
e0177626_12355290.jpg
さて、どちらでしょう(笑)?
結構風貌ににじみ出ていると、私は思いますが…

それにしても、花があると心が和みますね。
朝からさわやかな気分になりました。




  自宅の花壇はいつの間にやら枝豆畑に…
  花とも華とも縁遠い いのち でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2016-04-25 10:28 | スタッフ

お疲れさまでした。

会館は火曜日休館のため、
本日が平成26年度の最終日となります。
年度末というのに、とても静かな事務所。
というのも…

この季節、退職する職員が3人もいるからです。
(正確には2人が3月末退職、1人が4月末退職)

1人は、われらがムードメーカー、
人懐っこくて多感で涙腺ゆるみっぱなしだけど
仕事では冷静な判断を欠かさない。
いつも実務レベルの佳き相談相手だった
(^あ^)こと、あいちゃん。

1人は、もはや全国ホールのカリスマの人、
熱い情熱と的確な分析は、われらの羅針盤的存在でした。
精神的にもいっぱい支えてもらった
ひしさんこと、ひしかわさん。

そして、やんちゃ坊主が大人になった感じそのまま、
人脈の広さと包容力はピカ一、
チケット営業を任せれば誰よりも売り歩いた
まーくんこと、纐纈館長。

休日の関係で、
すでに(^あ^)とひしさんはもう出勤せず、
一人抜け、また一人抜け…と、
さびしい日が続くのですが、
本日は館長が最後の出勤日でした。
e0177626_1959367.jpg
文化会館での4年間、
本当にお世話になりました。


4月からは、新体制で頑張ります。
職員一同、精進いたしますので
引き続きご愛顧くださいますよう
よろしくお願い申し上げます。


  
   見送るたびに「留年」の気分になる
   居残り劣等生  いのち  でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2015-03-30 20:06 | スタッフ

何と器用な!

いよいよ2週間後、8/2(土)に迫った
子どもアートひろば
お子さまが1日中楽しく過ごせるように、
さまざまな催しを準備しております。

その1つ、
子どものための
オーケストラテーマパーク

では、コンサートのほかに
指揮者体験、楽器体験、ミニコンサート、スタンプラリーなど
音楽をまるごと楽しめる内容です。
これだけ盛りだくさんで、
お子さまはたったの500円!
恐ろしいほどお得な企画です。

ということで(?)
私の担当はこのオーケストラテーマパーク
なのですが、
その中で楽器工作をやろうと企画したため
その試作品を何種類か作りました。
そのうちの1つが、これ。
e0177626_17361640.jpg
とってもブサイクだけど、一応三味線のつもり。
(弦が4本あるけど、 そこはご愛嬌★)

それをみつけたひしさん、
おもむろに手にとって弾き始めました。
e0177626_17365218.jpg
凡人が手に取ると
「ベベン、ベン」
という、本当に三味線のような音なのですが…

なんと、この輪ゴム三味線で
曲を弾き始めたのです。
事務所に居合わせたスタッフは、みんな釘付け!
それに目もくれず、ひしさんは
見事に『チューリップ』1曲を弾きあげちゃいました。

輪ゴム三味線でも音階が作れるんだ~!

目が飛び出るくらい、びっくりした出来事でした。
ひしさんによると、
「ギターとかヴァイオリンが弾ける人は
 みんなできると思うよ」
とのこと。
そうなんだ~、原理はみんな同じなんだ…

というわけで、この三味線は8月2日(土)の
子どもアートひろばで制作します。
良い子のみなさん、ぜひ作って
家で演奏してみてくださいね♪
チケット好評発売中です!



   
   もちろん私は弾けません!
   なぜか偉そうに言う  いのち  でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2014-07-19 17:44 | スタッフ

成長を感じたとき

多治見市文化会館の職員は、
人事異動により、定期的に職員が入れ替わります。
去る4月1日の人事異動では、
スタッフぜんこが転出し、り♪が転入しました。

そのぜんこと先日会った時、
彼女が私に見せてくれた写真が、これ。
e0177626_19242891.jpg
「5月に講習会でサラマンカホール(岐阜市)へ行った時
チラシラックに文化会館と笠原のが入っていたから
写真に撮ってきました!」
と、話してくれました。

撮影したのは5月。話したのは6月。
今の仕事に直結しない写真なのに、
1カ月もデータを保存してくれていたのです。

くどいようですが、
今、彼女は違う分野の職務に従事しています。
なのに、ホールへ行くとチラシラックを訪れ
どんなチラシがあるか、
多治見市文化会館のチラシは設置してもらっているか、
チェックしているのです。

文化会館に所属していた時、
彼女は広報の仕事をしていました。
だから、なおさらチラシのことは気になったのでしょう。

常にブログのネタを探していた
私のことも、思い出したのかもしれません。

文化会館を離れても文化会館を、仕事を愛し、
鬱陶しい(と思われる)先輩にも報告してくれる。
彼女のその心意気がとっても嬉しかったです。
時には厳しく接しましたが、
文化会館に所属した間に着実に成長したんだなあ、
と感慨深く思いました。

私も負けていられないぞ!

ということで、とりあえずは写真に映っている
ニュウニュウ ピアノ・リサイタル
チケットはまだまだ発売中です(^-^)
公演は、いよいよ今月!
7/26(土)14:00開演ですよ。
17歳の瑞々しい感性と
エネルギッシュな音色を、ぜひ一緒に楽しみましょう♪




   最近、成長より退化をより感じる
     いのち   でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2014-07-03 19:35 | スタッフ

ニューフェイス

私事ですが、新年度早々お休みをいただいておりました。
なので、御紹介することが遅れてしまったのですが…
  ↑ 以上、言い訳

4月から美しいスタッフが仲間入りしました~ パフパフ♪

いやぁ、それはもう、美しくて、かわいくて
しっかりしていて、さっぱりしていて。
やってきてわずか10日しか経っていないのに
業務をすっかり任せられる、頼もしい御方です。
彼女のおかげで、
文化会館の窓口が爽やかなイメージになりました。

というわけで、ご紹介します。「り♪」さんです。
e0177626_17585271.jpg
いつもにこやかな笑顔で
みなさまをお待ちしております。
ぜひ窓口でお声をおかけくださいね!

ちなみに、ご紹介します。
後ろで走り去るのは、我らがムードメーカー、
(^あ^)です。
…わかってるって?
それは失礼しました。



   気がついたら在籍年数だけは古株になりつつある
   仕事っぷりは未だ新人  いのち  でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2014-04-11 18:03 | スタッフ

職人仕事

去る2月2日(日)は、私どもの自主事業、
「愛知とし子 音浴じかん&えほんうたライブ」でした。
e0177626_19255722.jpg

西村直人さんの自作の歌の数々は、どれも素晴らしく
大人も子どもも楽しく体を動かしました。
愛知とし子さんのピアノは、忙しい子育ての日々を離れ
優雅なひとときを感じました。
小さな子ども向けのイベントって
みんなにこやかになるので、本当に好きです♪

さて、話はその前日。

リハーサルを終えて機器の配置も決まったとき、
音響スタッフがコードを全部束ねてまっすぐにしていました。

今回のコンサートは、上の写真でもわかるように、
客席を舞台上に設け、
演奏者と観客が同じレベルにしました。
となると、舞台上にスタッフを張り付けたとしても
ふとした隙に
赤ちゃんがコードを触ってしまうかもしれません。

そこで
「子どもが触るかもしれないので、固定しておいてくださいね」
と一言申しましたところ…
e0177626_19295931.jpg
スタッフがわらわらと出てきて
養生テープをピシーッとはってくださいました。
その仕上げの素晴らしかったこと!
さすが技術を持った人々だわぁ、と感心しました。
e0177626_19353341.jpg

小さなプロ仕事の積み重ね。
こうやって舞台が作り上がるんだなぁ、と
実感した出来事でした。


    私の仕事も「職人仕事」といわれるよう
    努力したいと思った   いのち   でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2014-02-05 19:44 | スタッフ

新人です!よろしくお願いいたします!

この春の人事異動で
三の倉市民の里「地球村」からやってまいりました
前嶋です。

昨日から文化会館の仲間になりました!
皆様、どうかよろしくお願いいたします。

e0177626_17234774.jpg

[PR]
by tajimi-bunka | 2012-04-02 17:24 | スタッフ

ニュースタッフのささやかなつぶやきデビュー

e0177626_1273583.jpg

おはつでーす!文化会館のまー君です。  
多治見市文化会館の近くで、小梅の実が顔をみせはじめました。遅咲きの花弁が残る姿と同じ季節を共有する自然の摂理の不思議をみつけました。
大災害をもたらす圧倒的残酷さと感動や癒しを併せ持つ自然のダイナミックな摂理を感じています。
この施設から広く深く新鮮な感動を持ち帰っていただけるよう小梅につぶやいてみました。
[PR]
by tajimi-bunka | 2011-04-10 12:16 | スタッフ

ひそかに尊敬しています

こちらの写真を見て、思うことありませんか?
e0177626_1733345.jpg


奥でカメラ目線の(^あ^)がいる~!   ではなくて…




この前方にいる職員。

おもに夜間に働いている職員なのですが、彼は、パソコンを自由自在に操るんです!

古希にして、エクセル、ワードはもちろん、

多治見市特有の施設予約管理システムもばっちり。

それも、こちらに働き始めてからパソコンを触るようになったのに、です。

フットワークも軽いですし、本当にすごいなぁと思います。

いくつになっても新しいことにチャレンジする精神、忘れたくないですね。



もちろん、文化会館ももうすぐ30歳になりますが

来年度も新しいことにチャレンジを続けます!

4月からも新しいラインナップで皆様をお待ちしております。





   最近、ブログの露出度が多い気がする   いのち   でした。
[PR]
by tajimi-bunka | 2011-02-21 17:40 | スタッフ